■「カテーテルの高性能化」と「生産効率の向上」の両立にお困りではありませんか?

・肉厚を薄くしてデリバリー性能を向上したい

・血管追従性と押し込み性を両立したい

・高性能高機能に加えて、生産効率を上げてコストを抑えたい

これらをバランスよく実現した、カテーテル用のブレードシャフトのご紹介です。


■当社からのご提案

・超薄肉PTFEライナーによる高いデリバリー性能

・シームレスな硬度変化による優れた血管追従性と、押し込み性を実現するブレード加工

・「連続生産方式」により工程を自動化、ロット間のバラつきを削減し高い生産効率を実現


■当社の「連続生産方式」とは?

リールからリールに巻き取る連側生産方式により、ロット間や手作業によるバラつきを抑えます。

 


■製品仕様

・肉厚    最小 0.08mm  

・内径    0.3 - 2.8mm

・外径    0.46 - 3.5mm

・出荷形態    リール巻、またはカット長

(詳細は下記カタログをご覧ください)